脊髄小脳変性症 10歳未満の女性 B
 

 2017年5月18日、脊髄小脳変性症 10歳未満の女性B 関東から来院
歩行に異常がありよく転倒する。多動があり落ち着きがない。といった状態で、「遺伝性ではないかと言われたが身内に同じ症状を持った人はいないので何が原因なのかわからないのです」 と話された。
「高齢出産か早産ではないですか」と尋ねると、「高齢出産です」と話す。
私は、Bちゃんの生育不全は高齢出産が原因だろうと考えています。

30歳代の人が20歳代と同じような運動をすることはできません。年とともに必ず血行不良が進むからです。高齢出産になると母体はかなり血行不良が進んでいます。母体が血行不良だと、胎児の生育も悪くなり生育不全の赤ちゃんが生まれます。

多動の症状があり、動き回るので十分な施術ができなかった。それでも少し動きが改善した。

8月23日、3日の予定で2度目の来院。
 やはり多動のため十分な指圧ができそうにないので、今回は気を当ててみた。すると気がよく効いて転倒しないで歩き回れるようになった。私の気功でも小さい子にはよく効くものだと自信ができた。

 注) 私も気功を使うことがあります。それは筋肉をほぐすとき、指圧でほぐすか気でほぐすかということです。気を当てると筋肉が良くほぐれます。そこで筋肉をほぐす手段として場合によっては気功を使うことがあります。
 

ようこそ 脊山整体のサイトへ  難病?神経変性物語最初のページへ

脊山整体院