多系統萎縮症 60歳代男性 E
 

 2017年7月13日、多系統萎縮症 60歳代男性E 中四国から来院
軽い構音障害と嚥下障害がある・両手に歯車症状と円環症状がある・足を広げていると立っていられるが両足そろえ立ち派ではない。歩行は介助付きでかなり困難だが自力で歩行できる。
といった状態。

10月14日、 18回目。
 歩行時に足に少し力が入るようになってきた。
11月18日、
施術ベッドで姿勢を変える動作が少しできやすくなった。
施術後、ベッドに腰かけて、そこから立ち上がるのが困難だったが、立ち上がる動作が少し軽くなった。
玄関を下りて車いすに乗るまでの動作が少し早くなった。

ようこそ 脊山整体のサイトへ  難病?神経変性物語最初のページへ

脊山整体院