中医学を科学する

 

 
中医学(東洋医学)を科学する
 

経絡とツボの医学

中医学は、慢性病の治療法を解明している、貴重な学問です


中医学
(東洋医学)は非科学的と言われてきましたが、とんでもない誤解です。



私は、パーキンソン病とか脊髄小脳変性症などの神経難病は、

血行不良が原因だと考えて、長年、その治療法確立に取り組んできました。


そして、二十年の歳月はかかりましたが、

手足の「肘から先」および「膝から先」の血行不良を改善することで、

神経難病が回復することを突き止めました。


やはり、神経難病の原因は血行不良でした。



それより、これはとんでもない発見でした。



体は、寒さを感じると皮膚表面や体の末端の血流を滞らせて、体の中心部の体温を維持するような仕組みになっています。

この体の仕組みから考えると、血行不良は手足から始まるわけです。

そして、手足から始まった血行不良が進行することで、

パーキンソン病に代表される神経難病が発病しているわけです。




                    続きを見る>>




経絡とツボの医学


中医学には、経絡とツボという概念があります。

経絡というのは、体内と体表及び頭から体幹を通って手足の先まで全身に張り巡らされている生命エネルギーの流れ道です。

ツボというのは、経絡によって体内の様々な臓器と結ばれている体表部にある特定のポイントです。

そして、特定のツボの刺激によって、経絡で結ばれている他の臓器をコントロールすることができると考えられています。

この経絡という連絡路が実在するものかどうかは不明ですが、

ツボの刺激によって、体内の不調をコントロールできるという現象は、

中医学では昔から臨床的によく知られていたことです。


しかし、経絡という連絡路の存在が不明なため、非科学的な空論と考えられてきました。

この経絡の実態について、私には、経験則に基づく一つの仮説があります。


                    続きを見る>>



血行不良が万病のもと

現代医学は、血液循環の仕組みとか脊髄反射、姿勢反射などの体の仕組みはほとんど解明しています。

しかし、高血圧とか低血圧といった血液循環機能の異常、

また外反母趾とかリウマチ、大腿骨頭壊死その他の関節機能の異常、腎臓病とか肝臓病その他の臓器の機能の異常といった、

体の仕組みの異常は、すべて原因不明で根本的な治療法はありません。

この、現代医学が手つかずで残している、体の仕組みの異常を解明しているのが中医学(東洋医学)だと思います。


中医学では、昔から「血行不良が万病のもと」と言い伝えられてきました。

体は、血液によって送られてくる酸素とか養分によって働いています。

その酸素とか養分が血行不良によって細胞の隅々まで届かなくなれば、体の機能は正常に働かなくなります。

新陳代謝が悪くなります。体温が低下します。免疫力が低下します。自然治癒力が低下します。


                    続きを見る>>




人生の半ばで不治の病を発病し、失意のうちに世を去る悲劇をなくすために

百歳近くまで人生を楽しんで大往をする人がいるかと思えば、

若年とか中年といった人生の半ばで慢性病で亡くなる人がいます。

百歳近くで亡くなるのは老化現象で、生物の宿命です。

しかし、人生の半ばで亡くなるのは異常な老化です。

この異常な老化の原因を解明することで、老化を止めることはできませんが

だれでも長寿を全うすることができるようになると思います。


長寿の人と短命な人は、どこが違うのでしょうか。



                    
 続きを見る>>




ようこそ 脊山整体のサイトへ  難病?神経変性物語最初のページへ

脊山整体院