脊髄小脳変性症の症例


多系統萎縮症 60歳代 女性AC

07年2月2日、多系統萎縮症 60歳代 女性AC 兵庫県から来院。 歩行時軽いふらつきがある程度で、運動障害があるようには見えない。
 06年4月頃からふらつきを自覚する。話しにくい、手芸などが出来にくくなったと話す。
 2泊3日で4回施術。あまり変化は見られない。
◆2月7日、2度目の来院。3日で4回施術。
◆2月19日、3度目の来院。2日で4回施術。
 体力に自信が出来たので、次回から日帰りで通院すると話す。
◆3月1日、日帰りで4度目の来院。 杖も持たずにスタスタと来院。
 本人はフラフラ感があると話すが、外見上は運動障害があるとはまったく思えない。
 どの疾患にも言えることだとは思いますが、早期に治療を開始すると本当に回復が早いものです。
◆3月9日、日帰りで5度目の来院。
  計14回で施術を終わる。
 

ようこそ 脊山整体のサイトへ  最初のページへ

脊山整体院