脊髄小脳変性症の症例


脊髄小脳変性症 50歳代 男性AL

07年5月11日、脊髄小脳変性症 50歳代 男性AL 高知県から来院。
 5年ぐらい前に平衡感覚が無くなり、脊髄小脳変性症と診断される。
 構音障害 ・たびたび聞き返す。
 手の障害・字は何とか読める。
 足の障害・ ふらつくが自力歩行。
 その他・睡眠時無呼吸、排尿障害 、両足ともすねから下がジンジンしている。
 4日で8回施術。筋肉反射亢進がみられた。施術の反応がよいタイプと思われる。
◆6月9日、2度目の来院。日帰りで2回施術。
 言葉が聞き取りやすくなる。
◆6月30日、4度目の来院。 日帰りで2回施術。
 あまり聞き返さなくても会話が通じるようになる。また、歩行も改善したように見えるが、本人はわからないと話す。
◆8月11日、6度目の来院。
◆8月18日、7度目の来院。
 肩を借りての歩行だが、歩き方がスムーズになってきた。
◆9月7日、8度目の来院。
 呼吸が浅く、息が大きく吸えないと話す。
◆9月22日、9度目の来院。
 まだふらふらはしているが、自立歩行時の安定感が少し良くなった。
◆10月6日、10度目の来院。
◆10月20日、11度目の来院。
 言葉がかなりはっきりしてきた。付添いの奥さんも「最近聞き取りやすくなりました」と話す。
◆10月27日、12度目の来院。
◆11月16日、13度目の来院。
◆11月30日、14度目の来院。
◆12月8日、 15度目の来院。
08年
◆1月5日、 16度目の来院。
 まだふらふらはしているが、幅広歩行の幅が狭くなり歩行に安定感がでてきた。
◆1月16日、17度目の来院。
 まだ肩を借りての歩行だが、歩き方がよくなってきた。本人はわからないと話す。
◆1月26日、18度目の来院。
◆2月9日、19度目の来院。
 言葉が一段とはっきりしてきた。
◆2月23日、20度目の来院。
◆3月1日、21度目の来院。
 まだ話しにくそうには感じるが、言葉がよく聞き取れるようになる。
◆3月15日、22度目の来院。
 定期健診で「症状が進行していない」と言われた。
◆4月4日、23度目の来院。
◆4月26日、24度目の来院。
◆5月2日、25度目の来院。
◆5月17日、26度目の来院。
◆5月31日、27度目の来院。
◆7月26日、28度目の来院。
 

ようこそ 脊山整体のサイトへ  最初のページへ

脊山整体院