脊髄小脳変性症


脊髄小脳変性症 60歳代 女性AN

07年6月5日、脊髄小脳変性症 60歳代 女性AN 静岡県から来院。
 03年末頃異常を感じ、複数の病院を受診する。
 04年6月、脊髄小脳変性症と診断される。
 06年夏ごろまではよたよたしながらでも自立歩行できた。
 それ以後急速に症状が進み、07年3月頃から家の中でも車椅子使用。
 現在歩行は両側から支えて、やっとの状態。言葉はたびたび聞き返す。両手とも強い歯車現象がみられる。両手が震えだすと20分ぐらい震える。といった状態。
 2日で4回施術。
◆7月3日、 2回目の来院。 2日で4回施術。
 足の裏がジンジンと痺れた感じがしてきたと話す。 感覚が戻ってきつつあると考えられる。
◆8月6日、 3度目の来院。 2日で4回施術。
 ゆっくりとだが、施術が終わってベッドから自力で起き上がることができた。
◆9月1日、4度目の来院。  2日で4回施術。
◆10月27日、5度目の来院。 2日で4回施術。
◆11月17日、6度目の来院。 5日で10回施術。

ようこそ 脊山整体のサイトへ  最初のページへ

脊山整体院