脊髄小脳変性症の症例


脊髄小脳変性症 40歳代 女性AO

07年6月30日、脊髄小脳変性症 40歳代女性AO 広島県から来院。
 歩行、言語、書字ともに ごく軽い初期の症状で、右足で片足立ちができる。少しむせる。家族暦としておじいちゃんがパーキンソン病だった。
  1泊2日で2回施術。
 施術後、動きがよくなり、左足でも片足立ちができるようになった。また言葉が早く話せるようになった。

ようこそ 脊山整体のサイトへ  最初のページへ

脊山整体院