ジョセフ病の症例


ジョセフ病 30歳代 男性AR

07年7月7日、ジョセフ病 30歳代 男性AR 埼玉県から来院。
  6月にジョセフ病と診断される。
 疲れると呂律が回らない。軽い眼振がある。まぶしい。疲れると物が二重に見える。舌を良くかむ。 軽いふらつきがある。 ふらつくが片足立ちはできる。 といったごく初期の状態。
 4日で7回施術。 歩きやすくなったと話す。
◆12月29日、2度目の来院。 3日で6回施術。
 来るときは体が重かったが少し軽くなったと話す。

ようこそ 脊山整体のサイトへ  最初のページへ

脊山整体院