脊髄小脳変性症の症例


脊髄小脳変性症 50歳代女性AU

07年7月17日、脊髄小脳変性症 50歳代 女性AU 愛知県から来院。
 02年秋頃異常を感じる(足に力が入らなくなった)。
 07年4月オリーブ橋小脳委縮症と診断される。
 現在、言葉は少し話しにくそう、字は少し乱れている、ふらつくが片足立ちはできる(右足はよくふらつく)、便秘、排尿障害(残尿もある)といった状態。
 2日で4回施術。
◆7月24日、2度目の来院。前回の施術後、上が見上げられるようになった。横断歩道などのゆるい勾配が怖くなくなった。こんなによく効くとは思っていなかった。等話す

◆8月28日、3度目の来院。2日で4回施術。
 まだふらふら感があると話す。
◆10月10日、4度目の来院。 3日で6回施術。
 手が震えていたが、ふるえなくなったと話す。
◆10月24日、5度目の来院。 3日で6回施術。
◆11月3日、6度目の来院。 2日で4回施術。
 玄関で方向転換のとき、怖くなくなった。
◆11月19日、7度目の来院。 2日で4回施術。
 少しふらふらはするが、新幹線の車内をつかまらずに移動できるようになった。
◆12月6日、8度目の来院。
◆12月13日、9度目の来院。
 玄関で靴をはいた後、靴ベラを取るため後ろを振り返っても、なんともなくなった。
◆12月19日、10度目の来院。
 畳の上に座っていて、何にもつかまらずに立つことができるようになった。
◆12月26日、11度目の来院。
 駅の階段を下りてみたが、まだ怖かったと話す。
08年
◆1月4日、12度目の来院。
 細かいことがよくできるようになったが、ふらふら感がまだ取れないと話す。
 これは皆さん同じように話されるのですが、最後に残ったふらふら感がなかなかとれないようです。
◆1月15日、13度目の来院。
◆1月25日、14度目の来院。
◆2月1日、15度目の来院。
◆2月12日、16度目の来院。
◆2月25日、17度目の来院。
◆3月5日、18度目の来院。
◆3月23日、19度目の来院。
◆3月29日、20度目の来院。
◆4月7日、21度目の来院。
 気持ち悪い感覚があったのが、無くなった。まだ少し怖いが、駅の階段が降りれるようになった。 等話す。
◆4月17日、22度目の来院。
◆4月30日、23度目の来院。
 駅の階段が降りれるようになったが、まだふらつきがあると話す。
◆5月9日、24度目の来院。
◆5月26日、25度目の来院。
 膝から下にしびれ感があったが、しびれ感は足先だけになったと話す。
◆6月6日、26度目の来院。
◆6月16日、27度目の来院。
◆7月14日、28度目の来院。
 立ち止まるときトトトとなっていたが、自然に止まれるようになった。
◆7月25日、29度目の来院。
◆8月11日、30度目の来院。
◆8月20日、31度目の来院。
◆9月6日、32度目の来院。
◆9月14日、33度目の来院。
◆9月23日、34度目の来院。
◆10月27日、35度目の来院。
 先日転倒したので来院したと話す。 その場でくるっと一回転してもらったが正常にできる。片足立ちもできる。といった状態。つぎ足歩行はできるときとできない時があると話す。
◆11月6日、36度目の来院。
◆11月16日、37度目の来院。
◆11月30日、38度目の来院。
◆12月15日、39度目の来院。
◆12月21日、40度目の来院。
2009年
◆1月5日、41度目の来院。
◆3月23日、42度目の来院。
◆4月2日、43度目の来院。
 「耳鳴りが消えた」と話す。
 突然起こるガーというような大きな耳鳴りは治せるが、蝉が鳴くような小さな耳鳴りがどうしても治せなかったヒントがありそうに思う。蝉が鳴くような耳鳴りは耳の機能が衰えたもので、高齢になると老眼になるのと同じメカニズムである可能性が考えられる。
◆5月14日、48度目の来院。
◆5月20日、49度目の来院。
◆5月30日、50度目の来院。
◆6月24日、51度目の来院。
◆7月1日、52度目の来院。
◆7月21日、55度目の来院。
◆7月28日、56度目の来院。
 
 

ようこそ 脊山整体のサイトへ  最初のページへ

脊山整体院