多系統委縮症の症例


多系統委縮症 50歳代女性BD 

07年9月1日、多系統委縮症 50歳代女性BD 静岡県から来院。
 02年頃、字がおかしいことから、体の異常に気づく。
 05年、多系統萎縮症と診断される。一年前まではつえを使って歩いていた。ここ一カ月は特に悪い。
 食事はスプーンを使っている。言葉はかなり聞き取れず、頻繁に聞き返す。歩行時にすくみが強く、手を引いてもかなり歩きづらい。歩行器を使っているが、かろうじて歩ける。軽度の歯車現象がある。
 6日で11回施術。
 かなり強いすくみ足だが、腕の曲げ伸ばしでは歯車現象は軽く、筋肉も柔らかい。なぜこれほど強いすくみ足が起きるのか、かなり悩んだが、すくみ足ではなく足が突っ張って歩けないことがわかった。わかるのが遅かったので、あまり効果的な治療にならなかった。

ようこそ 脊山整体のサイトへ  最初のページへ

脊山整体院