多系統萎縮症の症例


多系統萎縮症 60歳代 女性BE 

07年9月2日、多系統萎縮症 60歳代 女性BE 福井県から来院。
 10年ぐらい前からふらつきがあった。
 05年4月、多系統萎縮症と診断される。
 食事はスプーンを使っている。言葉はかなり聞き取りにくくたびたび聞き返す。歩行は歩行器を使っているが、かなり危なそう。飲食時よくむせる、また時々つかえる。
 4日で6回施術。
 歩行器での歩行時、歩幅が少し大きくなり安定感も出てきた。

ようこそ 脊山整体のサイトへ  最初のページへ

脊山整体院