脊髄小脳変性症の症例


多系統萎縮症 60歳代 女性BY 

08年
2月15日、多系統萎縮症 60歳代 女性BY 千葉県から来院。
 07年4月、多系統萎縮症と診断される。
 言葉が少し不自由なのとふらつきがあるという。
 片足立ちは、左はできるが右はできない。つぎ足歩行はできない。
 軽い構音障害と軽いふらつきがあるが、歩行は完全な自立歩行というごく初期の症状。
◆3月18日、2度目の来院。
 前回の施術後ふらつきがひどくなったように感じると話す。
 皆さんそのように感じるみたいで、同じような質問をされます。
◆4月1日、3度目の来院。
◆4月16日、4度目の来院。
  

ようこそ 脊山整体のサイトへ  最初のページへ

脊山整体院