多系統萎縮症の症例


多系統萎縮症 50歳代 男性CA 

08年
3月8日、多系統萎縮症 50歳代 男性CA 長崎県から来院。
 歩行時のふらつきから、07年4月多系統萎縮症と診断される。
 言葉は最近聞き返されることが多くなった。字が下手になった。この冬足が冷えてじんじんする。片足立ち、つぎ足歩行はできない。
 という状態で歩行は完全な自立歩行、仕事は現役というごく初期の症状。
 6日で12回施術。
◆4月4日、2度目の来院。
 施術後、かえってふらつきがひどくなったように感じると話す。
 感覚がはっきりしてくるためか、皆さんこのように感じます。
◆5月23日、3度目の来院。
 4日で12回施術。
 膝から下にしびれ感があったが、足の裏だけになった。
◆6月27日、4度目の来院。
 頭が重く感じていたのが軽くなった。
  

ようこそ 脊山整体のサイトへ  最初のページへ

脊山整体院