多系統萎縮症の症例


多系統萎縮症 60歳代 男性CB 

08年
3月13日、多系統萎縮症 60歳代 男性CB 兵庫県から来院。
 07年10月、ふらつきから検査を受け多系統萎縮症と診断される。
 片足立ち、つぎ足歩行はできないが、完全な自立歩行というごく初期の症状。
◆3月24日、2度目の来院。
 手足が暖かくなったと話す。
 反応が早いのはよい傾向。
◆4月15日、6度目の来院。
◆4月23日、7度目の来院。
 近所の人に、歩き方が良くなったと言われた。
◆5月9日、8度目の来院。
◆5月19日、9度目の来院。
◆5月27日、10度目の来院。
 外見上ふらつきは感じられなくなった。
◆6月5日、11度目の来院。
◆6月13日、12度目の来院。
◆8月11日、13度目の来院。
◆9月17日、14度目の来院。
  

ようこそ 脊山整体のサイトへ  最初のページへ

脊山整体院