線条体黒質変性症の症例


線条体黒質変性症 70歳代 女性CJ

08年
5月12日、線条体黒質変性症 70歳代 女性CJ 富山県から来院。
 物が二重に見える。むせる。字はかけない。同時グーパー早くはできない。手のひら返しできる。食事はスプーン。左手に軽い歯車症状あり。ふらつきあり。片足立ち少し可能。つき゜足歩行できない。不随意運動あり。速脈。頻尿。といった症状で自立歩行。
◆9月3日、2度目の来院。3日で5回施術。
 かなり歩行が困難になっていた。
 施術後、介助なしで自立歩行ができるようになった。
  

ようこそ 脊山整体のサイトへ  最初のページへ

脊山整体院