多系統萎縮症の症


オリーブ橋小脳萎縮症 50歳代 女性CM 

◆1月18日、13度目の来院。
 少し間があいたので危なっかしい足取りになっていた。
 施術後、歩行が安定してきた。
2010年
◆10月21日、12度目の来院。
 足音が少し大きくなっていた。
 施術後、足音が小さくなり、言葉も聞き取りやすくなった。
 歩行時にまだふらつきが見られるので、「思ったほど良くはなりませんでした」と話すと、ご主人が「いや、よくなっています」と言って、喜んで帰られた。
◆8月17日、11度目の来院。
 以前は踵でドスンドスンと歩いていたが、歩き方が普通に近くなってきた。
◆7月13日、10度目の来院。
 今回も、歩行が少し安定してきた。言葉も聞き取りやすくなった。
◆6月15日、9度目の来院。
 6日で14回施術。
 歩行が少し安定してきたように見える。
 「ホテルで歩いているとき、歩き方がしっかりしてきたように思う」と家族の方も話す。
◆5月18日、8度目の来院。
◆4月21日、7度目の来院。
◆3月2日、6度目の来院。
 5日で9回施術。
 坂道を下るとき、以前はブリがついて止まれなかったが、止まることができるようになった。
◆2月2日、5度目の来院。
 期間がかなりあいたので、足音が大きくなっていた。
 6日で11回施術。
 歩行時の足音が小さくなり、幅広歩行の幅も狭くなった。また、声も元気そうになった。ホテルから当院まで2キロ少々の道を、歩いてこれるようになった。
2009年
◆10月8日、4度目の来院。
 歩行時の足音が小さくなり、幅広歩行の幅も狭くなる。
◆8月11日、3度目の来院。 6日で10回施術。
 歩行時の足音がかなり小さくなった。
◆7月8日、2度目の来院。 5日で10回施術。
 幅広歩行の幅が少し狭くなる。
 歩行時に、あまりつかまらなくなったとご主人が話す。
08年
6月10日、オリーブ橋小脳萎縮症 50歳代 女性CM 東京都から来院。
 三年ぐらい前から、目の前が暗くなる起立性低血圧のような症状が見られた。
 一年ぐらい前からふらつくようになり、08年5月多系統萎縮症と診断される。
 軽い眼振。たまにむせる。飲み込みにくい。口が乾きやすい。話しにくさは感じるが会話は聞き取れる。字が少し下手になった。同時グーパーは少しできにくい。手のひら返しはできる。食事は箸を使っている。幅広歩行で、片足立ち、つぎ脚歩行はできない。ひどい便秘で排尿障害もある。
 といった状態で、完全な自立歩行のごく初期の状態。
  

ようこそ 脊山整体のサイトへ  最初のページへ

脊山整体院