多系統萎縮症の症例
 

08年
9月9日、多系統萎縮症 40歳代 女性dd 奈良県から来院。
 04年多系統萎縮症と診断される。
 時々むせる。軽い嚥下障害がある。言葉は少し聞き取りにくい。書字は読みにくい。同時グーパーはきわめて軽く障害されている。てのひら返しは軽く障害されている。軽い鉛管症状がある。きわめて軽い震えがある。強い起立性低血圧がある。血圧は70を切る強い低血圧。歩行は歩幅の小さいすり足歩行。側臥位開脚時にきわめて軽いゆれがある。介助歩行。
 といった状態。5日で10回施術。
 
  

ようこそ 脊山整体のサイトへ  最初のページへ

脊山整体院