脊髄小脳変性症の症例
 

脊髄小脳変性症 60歳代 男性DH

◆2月25日、22度目の来院。
◆2月1日、21度目の来院。
◆1月14日、20度目の来院。
2010年
◆12月25日、19度目の来院、
 歩行がかなり安定してきた。
◆11月29日、18度目の来院。
◆11月9日、17度目の来院。
◆9月28日、15度目の来院。
◆9月10日、14度目の来院。
◆8月17日、13度目の来院。
 まだ本人は分からないと思うが、歩き方が良くなってきた。
◆7月29日、12度目の来院。
◆6月25日、11度目の来院。
◆6月2日、10度目の来院。
 ふらつきと構音障害が軽くなった。
◆5月15日、9度目の来院。
◆4月29日、8度目の来院。
◆3月20日、6度目の来院。
◆3月1日、5度目の来院。
◆2月4日、日帰りで4度目の来院。
 施術後、幅広歩行の幅が少し狭くなった。
09年
◆12月20日、2度目の来院。
 2日で3回施術。

08年
12月5日、脊髄小脳変性症 60歳代 男性DH 熊本県から来院。
 時々むせる。言葉は聞き取れる。書字は読める。同時グーパー、てのひら返しはごく軽い障害。食事は箸を使っている。右手にごく軽い鉛管症状がある。便秘、排尿障害あり。軽い幅広歩行。方向転換が軽く障害されている。片足立ち、つぎ脚歩行はできない。といった状態。

  

ようこそ 脊山整体のサイトへ  最初のページへ

脊山整体院