パーキンソン病の症例
 

2009年
3月16日、パーキンソン病 40歳代 女性DN 石川県から来院。
 2年前、左手が動いていないことに気づく。
 08年春頃、左足をひこずって歩いていることに気づき病院に行く。
 08年9月、パーキンソン病か多系統萎縮症の疑いと言われた。
 同時グーパー、てのひら返しはごく軽く障害されている。左手に、軽い歯車症状および鉛管症状がある。右手に、ごく軽い歯車症状および鉛管症状がある。体全体に軽い震えがある。左足が、ごく軽いすり足。片足立ちおよびすり足歩行はできる。側臥位開脚でごく軽く揺れる。
 といった状態。
 2日で4回施術。
 ベッドで姿勢を変えるのが少しスムーズになった。
  

ようこそ 脊山整体のサイトへ  最初のページへ

脊山整体院