多発性硬化症の疑い
 

09年4月19日、多発性硬化症の疑い 40歳代 男性DS 徳島県から来院。
 同時グーパーはごく軽く障害されている。ごくごく軽い鉛管症状がある。軽い痙性歩行。側臥位開脚でごく軽い揺れがある。片足立ち、つぎ脚歩行はできる。椅子に腰かけるときドスンとなる。
 といった状態。
 施術後、歩きやすくなったと話す。
 痙性歩行に、新しい道が開けたかもしれない。
◆5月3日、2度目の来院。
 施術後、やはり歩きやすくなる。
◆6月14日、4度目の来院。
 まだ肩を左右に振りながらの痙性歩行だが、歩幅が少し大きくなった。

 

 

ようこそ 脊山整体のサイトへ  最初のページへ

脊山整体院