多系統萎縮症の症例
 

09年
5月25日、痙性対麻痺 20歳代 男性DV 東京都から来院。
 H12年痙性対麻痺と診断される。
 10年以上前から異常があったとのこと。同時グーパー、てのひら返しは軽い障害がある。細かい作業をしているとき手が震える。強度の痙性歩行。側臥位開脚で軽い揺れがある。
 といった状態。
 


 

 

ようこそ 脊山整体のサイトへ  最初のページへ

脊山整体院