脊髄小脳変性症の症例
 

09年
6月15日、脊髄小脳変性症 60歳代 女性DY 愛媛県から来院。
 4年くらい前足のふらつきから病院に行く。
 07年1月脊髄小脳変性症と診断される。
 言葉は軽く障害されている。字は読める。同時グーパー、てのひら返しは軽く障害されている。手の震えがある。
歩行は幅広歩行。側臥位開脚で軽い揺れがある。
 といった状態。

 


 

 

ようこそ 脊山整体のサイトへ  最初のページへ

脊山整体院