脊髄小脳変性症の原因と治療のすべて
 

脊髄小脳変性症は、原因不明の原因で脳の特定部分が萎縮することで運動障害が起こるとされてきました。
しかし、筋肉疲労を回復させ血行不良を改善すると、脊髄小脳変性症の運動障害は回復しました。
脳の萎縮が原因で運動障害が起こっているのなら、運動障害が回復すると脳の萎縮も回復しているはずです。
しかし、いざ脊髄小脳変性症が回復してみると、脳の萎縮は回復していませんでした。
つまり、脳の萎縮は、運動障害の原因ではなかったのです。

私は、脊髄小脳変性症の真実を明らかにしましたが、
世界的にも、英語圏を中心に虚構の学説の見直しが始まったようです。

詳しくはブログをご覧ください。

脳神経科学の定説を覆す新事実を発見

 整体療法により血行不良を改善することで脊髄小脳変性症の運動障害が回復しても、脳の特定部分の萎縮は回復しませんでした。この事実から、脳の特定部分の萎縮は二次的なもので、脊髄小脳変性症の運動障害の原因ではないと考えられます。

                                                続きを見る >>


脊髄小脳変性症・脊山説

 脳の萎縮が運動障害の原因ではないとすれば、何が運動障害の原因かという問題です。整体療法により、血行不良を改善することで脊髄小脳変性症の運動障害が改善したという事実から、血行不良が脊髄小脳変性症の運動障害の原因であると考えられます。
 脊髄小脳変性症の運動障害が血行不良によって起こっていると考えると、脊髄小脳変性症におけるすべての疑問を明確に説明することができます。

                                                
続きを見る >>

血液は命のもとです

 血液は全身の細胞に酸素とか養分を運んでいます。断食療法というのがあるように、養分は多少届かなくても大きな支障はないでしょう。しかし、酸素は違います。ほんの数分間酸素の供給が止まるだけでたちまち命がなくなります。その一時たりとも欠かすことができない酸素が、血行不良により体の隅々まで届かなくなれば、体の機能に異常が起こるのは当選だと思います。

                                                続きを見る >>

血行不良というのは毛細血管が消えていくことです

 「血行不良」という言葉はよく聞く言葉です。それでは、血行不良というのは具体的にどのような状態なのでしょうか。「血行不良」というのは、毛細血管が消えていくことです。

                                               
 続きを見る >>

脊髄小脳変性症が回復すると、消えた毛細血管も復活しています

 毛細血管が消えていくことが脊髄小脳変性症の原因だとすると、「毛細血管を復活させることはできるのか」という問題になります。脊髄小脳変性症が回復すると、消えてしまっていた毛細血管も復活しています。血液が流れなくなって消えていた毛細血管が復活して、再び血液が流れだすようになります。それが本当に血行不良を改善するということです。

                                                続きを見る >>

血行不良のメカニズム

 血行不良には筋肉疲労が深く関係していると思います。血行不良と筋肉疲労はセットになっています。

                                                続きを見る >>
血行不良の原因

 血行不良の原因には、先天的なものと後天的なものがあると思います。

 先天的なものとして、両親からの遺伝的な体質があると思います。詳しく調べたことはありませんが、両親ともに元気な親、つまり血行が良い親からは、血行が良い元気な子供が生まれていると思います。また、血行が悪い病弱な親からは、血行が悪い病弱な子供が生まれていると思います。

                                                続きを見る >>

脊髄小脳変性症の回復法

 脊髄小脳変性症の発病の原因は血行不良です。そして、血行不良の原因は筋肉疲労です。したがって、脊髄小脳変性症を回復させるには、筋肉疲労を回復させる以外に方法はないと思います。

                                                続きを見る >>

ようこそ 脊山整体のサイトへ  難病?神経変性物語最初のページへ

脊山整体院