脊髄小脳変性症の症例


多系統萎縮症 70歳代 男性P

06年5月9日、多系統萎縮症 70歳代 男性P 9日間の予定で神奈川県から来院。
7〜8年前から字が書きにくくなっていた。
05年春ごろより症状が表面化する。
06年5月多系統萎縮症と診断される。
言語障害・ときどき聞き返すことがある。
手の障害・ハシを使って食べている。書字はかなり乱れるが読める。
足の障害・自立歩行。方向転換はかろうじて出来る。杖は使っていない。よく転ぶ。
その他の障害・眼球の垂直方向への動きが悪い。顔に表情がなくなってきている。水分をとるさいむせることがある。
多系統萎縮症に併せて進行性核上性麻痺の可能性も指摘されている。
5月10日、施術に対する反応が非常に良いようで、歩行に安定感が出たように感じる。
  13日、何にもつかまらずにズボンをはくことが出来るようになり、少しよろけても転倒しなくなる。歩行はスタスタと歩き安定していて、本人も調子が良いと話す。
  14日、歩行時ふわふわ感があったが、それがなくなった。
9日間に計16回施術の結果、以上のような経過で 言語障害については少ししゃべりにくそうだが会話に問題は無くなった。手の障害は字が少し綺麗になった。箸はまだ使いにくそう。足の障害は歩行にほとんど問題が無くなる。飛んだり走ったりはまだ出来ない。その他、顔に表情が出てくる。水分をとってもむせなくなった。以前はバスを待つ時など何かにつかまっていたが、何にもつかまることなく普通に衣服を着ることが出来る。等症状が改善され、次回の予約をとって帰られた。
◆6月19日、1週間の予定で2度目の来院。 歩行が前回の施術終了時とくらべて改善していた。その他は変化無し。
 7日間に計12回施術の結果、前回は食事の時よくこぼしていたが、うどんを食べてもこぼさなくなった等、日常生活に支障なくなるまでに症状が改善する。しかし会話はまだ少し話しづらそうに聞こえる。字はいま少しスムーズに書けない。 歩行も注意してみると異常が観察できる等、細かいところまで観察すると、まったくの正常な状態とはまだいえない。
後日息子さんから、一時は父が寝たきりになってしまうと家族皆悲しんでいたのが、会ってみると 障害をまったく感じないほど元気になっているので驚き安心したと、お礼と激励の電話をいただいた。こういった喜びの言葉をいただくのは大きな励みになり、本当にありがたいことと感謝です。合掌。
◆7月25日、1週間の予定で3度目の来院。
 7日間で計12回施術。余り目立った変化は見られなかった。日常生活にあまり支障がなくなるところまでは比較的順調に症状が回復するが、わずかに残った症状がなかなか取れない。
◆9月28日、4度目の来院。
 「転倒しなくなり、一人で行動しても余り気にならなくなった」。 「小さい字も書けるようになったみたいで、先日も自筆のサインお願いしますといわれて、枠の中にちゃんと書いていた」と家族が話す。
 4日間で7回施術。歩くのが早くなった。
07年
◆9月19日、一年ぶりで5度目の来院。
 頭を垂れてうつむいたまま何を言っても反応しない、反応しても反応が非常に遅い。無動のような症状でもなく、痴呆とも少し違う、強力な精神安定剤でも飲んだかのようなひどい状態になっていた。多系統委縮症の症状でこのようになることは考えられず、何か他の要素が関係しているように思われる。いつものホテルから当院までやっと歩いてきた、大変だったと付添いの奥さんが話す。
 7日で12回施術。
 正気を取り戻していくという表現しか思いつかないが、施術ごとに反応が良くなり、施術、終わりごろは笑顔も出るようになる。朝2〜30分の散歩を始めたと話す
 前回まではなかったすくみ足の症状が出ていた。これは、隠れていた症状が前面に出てきたもので運動失調が前回より改善しているということです。ある程度症状が回復すると病気の進行は止まり、あとは薄紙を剥ぐように少しずつ自然に回復するのです。
◆11月10日、6度目の来院。前回帰った時と症状に変化はなかった。
 6日で10回施術。
 あまり話さないので気がつかなかったが、施術途中で強い腰痛があることに気づく。このまま帰っても、この腰痛を治せる治療家はいないと思うので帰るまでに何とかしたいと思ったが、完全に痛みを取ることはできなかった。
 会話の反応がまた少し改善され、何とかコミュニケーションが取れるようになる。
08年
◆7月6日、7度目の来院。 電車での来院は無理なので、自動車で来院。
 思ったほど症状は悪くなっていなかった。パーキンソン病の薬を飲んでいると話す。薬が効くタイプのようである。
 5日で8回施術。
 極端な猫背というか首が前にたれ曲り、足元しか見れなかったが、猫背がかなり改善し前方が見えるようになる。動作が鈍かったが、反応が少し早くなった。等施術ごとにどんどん症状が改善された。
 薬との相乗効果には凄いものがあると感心した。
 

ようこそ 脊山整体のサイトへ  最初のページへ

脊山整体院