脊髄小脳変性症の症例


オリーブ橋小脳萎縮症・50歳代女性W

8月31日、多系統萎縮症(オリーブ橋小脳萎縮症) 50歳代 女性W 奈良県から来院。
  5年位前、字が書きにくくなった。昨年くらいから歩きにくくなった。今年になって話しにくくなった。
 言語・言葉は少し聞き取りにくい。
 歩行・自立歩行できるが、歩幅が小さく、すくみがある。
 手の障害・ ふるえがある。食事はハシを使っている。
 4日間で8回施術。
 言葉が聞き取りやすくなる。ふるえが目立たなくなる。 など少し変化は見られたがもともと症状が軽いので、大きな改善は見られなかった。次回の予約を取って帰られた。
◆9月8日、2度目の来院。3日で5回施術。顔の表情がやわらかくなる。障害物の無い広いところを歩く時歩幅が少し大きくなる。
◆9月15日、3度目の来院。3日間で5回施術。すくみ足が強くなったと話す。
◆10月3日、4度目の来院。3日間で6回施術。大きな変化はなかった。
◆10月24日、5度目の来院。

ようこそ 脊山整体のサイトへ  最初のページへ

脊山整体院